花粉症と腸内環境にはどんな関係があるの?

「ヘックション!」

春先になると花粉症に悩まされる人は多いです。
くしゃみ、鼻水が止まらなくなり、
ティッシュが手放せなくなります。

目はかゆいし、頭痛も起きる。
頭はボーっとして何もしたくない。

スポンサードリンク

 

こんな辛い花粉症はなぜ起きるのでしょうか?
どうやって対策すればいいのでしょうか?

そのために、ここでは、

  • 花粉症の原因
  • 花粉症対策には腸内環境改善

について見ていきます。

body_chou_bad

 

花粉症の原因

 

花粉症は植物の花粉によって起こるアレルギー性疾患です。
花粉症は昔はそれほど患者数は多くありませんでした。
ですが、近年では花粉症の患者数は増加しています。

花粉症は毎年なる人もいれば、突然なる人もいます。
昔からある花粉ですが、なぜ花粉症になる人、ならない人がいるのでしょうか?
その理由は腸内環境が関係しています。

花粉症の患者数が増加する要因のひとつに食生活が関係しています。
食生活が欧米化し、洋食を多く食べるようになったことから、
必然的に肉食が多くなります。

スポンサードリンク

これによって体質が変化し、花粉症やアトピー性皮膚炎などの
アレルギー症状が発症することにつながっているのです。

また、こうした食生活で腸内環境も変化します。
花粉症の人の多くが、便秘、お腹があまり強くないなどの症状があります。

人間の免疫細胞の7~8割は腸内に存在します。
腸内環境が悪い状態では免疫細胞は正常に機能しません。

そのため、免疫力が低下することで、
花粉に対して過剰に反応することで花粉症になってしまうのです。

 

花粉症対策には腸内環境改善

 

これまでお伝えしたとおり花粉症は腸内環境の乱れが大きく関係しています。
なので、花粉症を治すには腸内環境を改善することが大切です。

腸内環境を整えるためにおすすめの食品に、

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • きのこ類
  • 柑橘類
  • 海藻類

などといったものがあります。

中でも、乳酸菌やビフィズス菌は
免疫細胞を活性化させる善玉菌を増やすことができます。

花粉症などのアレルギー性疾患の人の腸内には
ビフィズス菌や乳酸菌が少ないということが
フィンランドでの研究でわかっています。

これらが少ないことで悪玉菌が優勢になり、腸内環境が乱れることにつながっているのです。
なので、花粉症対策のためには善玉菌を優勢にして、
腸内環境を整えることが大切であり必要なことだということです。

あとは、ストレスをなるべくためないようにし、
十分な睡眠をとることが重要です。

生活習慣に注意し、花粉症を防ぎましょう(^O^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ