野菜が不足するとアトピーは治らないの?

アトピーはそう簡単には治らないものです。

「体中が痒くてかくのをやめられない・・・」

アトピーの人は、

かゆくてかく。

かくと炎症を起こして赤くなる。

またかゆくなる。

この繰り返しが毎日続きます。
毎日続くからつらいもので悩むことだと思います。

スポンサードリンク

 

ですが、アトピーは薬療法などで治るものです。
ちゃんとした治療で改善されるものです。

ですが、治るものも治らなくなることもあります。
それは悪化することをしている場合です。
そうならないために、

  • 野菜不足がアトピー悪化の原因
  • アトピー改善にはどんな野菜が必要なの?
  • 腸内環境もアトピーと関係あるの?

これらについてそれぞれ見ていきます。

atopy

 

野菜不足がアトピー悪化の原因

 

野菜はちゃんと食べていますか?

もし食べていないのならそれがアトピーを悪化させる原因です。
現代ではどうしても食生活が偏りがちになります。
肉、揚げ物などばかり食べていると栄養バランスが偏ります。

バランスのとれた食事というものはやはり大切です。
野菜には酵素、食物繊維、ミネラル、ビタミン、ポリフェノール、などが含まれています。

これらによって腸内環境を整えて、皮膚が作られます。
肌の皮膚は定期的に生まれ変わっていますが、
野菜が不足していると肌の皮膚がちゃんと再生されません。

この皮膚の再生がされないとアトピーが悪化するのです。

スポンサードリンク

近年、アトピーが増加傾向にあるのは
野菜を食べない人が増えているからだと言われています。

アトピーが改善しない場合は、
まず食生活を改善してみましょう。

 

アトピー改善にはどんな野菜が必要なの?

 

アトピー改善のために野菜が必要なことはお伝えしました。
では、どんな野菜を食べればいいのでしょうか?

アトピーは乾燥肌、肌荒れといったことが関係しています。
これらに効果的な栄養素がビタミンAです。

ビタミンAを多く含む食材は緑黄色野菜です。
なので、ニンジン、かぼちゃ、ほうれん草、ピーマンなどの
緑黄色野菜を多く摂取するようにしましょう。

ビタミンAを摂ることで、
肌の老化を防止し、新陳代謝を活性化させることができます。

また、緑黄色野菜には、
ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6などの肌に良い栄養素が含まれています。

こうした栄養素を多く摂ることで、体質を改善することができ、
肌の調子を整えることができます。

 

腸内環境もアトピーと関係あるの?

 

先ほどちらっと言いましたが腸内環境はアトピー改善のためには重要です。
そのために、野菜に含まれる食物繊維が役に立つのです。

ごぼう、れんこん、などの野菜に含まれる食物繊維が、
便通をよくし、肌の調子を整えます。

腸内環境が悪いと、必要な栄養素を吸収できなく、体に悪い毒素を吸収してしまいます。
そうならないためにも腸内環境は整えておくことが大切です。

「アトピーは治らないから諦めよう。」
と考えるのではなく、少しずつでも改善してみませんか?

難しい治療じゃなくても、自宅でできる簡単なことから始めることが大切です。
日々の積み重ねがアトピー体質の改善につながります。

まずは毎日の食生活を見直してみることをおすすめします。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ