デスクワークでの肩甲骨の痛みを解消するにはどうすればいいの?

デスクワークのお仕事は同じ姿勢を長時間維持するので、
どうしても眼や肩、腰などに負担が掛かります。

この眼や肩、腰などの負担ですが、
取っ掛かりとなるのは肩甲骨のコリから生じているのです。

スポンサードリンク

 

前傾姿勢を維持するデスクワークでは、猫背の姿勢長時間維持することになり、
背筋が伸びていない状態が続くと、段々と肩甲骨回りが硬直してきます。

肩甲骨が硬直することにより、他の部位も血液の循環が悪くなったり、
過度に負担が掛かることで同じように硬直してきて
負担が掛かるという悪循環に陥ることになります。

肩甲骨がこり始めたと自覚症状が出てくれば、
早い段階で解消しておくことにより、他への影響が少なくてすむことになります。

例えばですが、仕事中であってもこういう手軽な解消方法があります。

  • 背伸びをする
  • 肩甲骨を伸ばす
  • 腕を後ろの方向に伸ばす

これらのことについて見ていきましょう。

junbiundou_kata

スポンサードリンク

 

背伸びをする

 

仕事中に席から立てるようであればそれに越したことは無いですが、
椅子に座ったままでも良いので、両手を重ねて伸びをしてください。
伸ばした後は10秒ほど静止します。

その時に、できれば伸ばす前に息を吸って、伸ばしながら吐くとより効果が得られます。

 

肩甲骨を伸ばす

 

硬直した肩甲骨を伸ばすことにより筋力を緩和します。
後ろに手を組み、そのまま前に胸を突き出してください。
同じく伸ばした姿勢のまま10秒ほど静止します。

肩甲骨と肩にとってこの体操は有効です。
同じことを5から10回程度繰り返します。

 

腕を後ろの方向に伸ばす

 

椅子に座っている状態で、どちらかの腕を座椅子に引っ掛けて、
正面を向いたまま腕から肩の筋を伸ばすような感覚で胸を突き出してください。

これを行うと、日常生活、
特にオフィスワークでは後ろに肩を動かす姿勢をほとんど取らないため、
特にスポーツ等で日頃から鍛錬している人以外は肩の筋が固まっている感覚があると思います。

これも同様、同じ姿勢を10秒ほど維持し、
左右の腕を交互に10回ほど繰り返してください。

これらは全て目新しいストレッチでも何でも無いですが、
肩甲骨に刺激を与える方法です。

繰り返しになりますが、肩甲骨の硬直から肩こりや腰痛、
頭痛に繋がるケースが多いので、普段、あまり疲れの
少ないと思われている方でも予防のためにされることをお勧めします。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ