デスクワークでの腰痛の原因って一体何なの?

”長時間のデスクワークが原因で知らない間に腰痛が発生し、
半ば持病のように腰痛と付き合うことになってしまった。”

こんな症状に悩んでおられる方は沢山いらっしゃるかと思います。

スポンサードリンク

 

腰痛には、大きく急性のものと慢性の2種類があり、
デスクワークが原因で発生した腰痛は明らかに後者に該当します。

何か重い荷物や急激に腰への負担をかけたわけでもなく、
ただ日常生活を過ごしているだけなのに、
知らず知らずのうちに腰痛に悩まされるようになった。

これは一体、なぜなのでしょうか?

デスクワークが原因で発生する腰痛には慢性のものであり、
これも大きく2種類に分かれると思われます。

  • 姿勢からくる腰痛
  • 精神面からくる腰痛

この2種類の原因について見ていきましょう。

youtsu_man

 

姿勢からくる腰痛

 

長時間、同じ体勢を維持するデスクワーク。

スポンサードリンク

腰に負荷のかかる体勢を続けると、
背骨の間のクッションの役割を果たす「椎間板」に過度な負担がかかり、
それが長く続くと椎間板が突出し、
神経を刺激する「椎間板ヘルニア」という症状に繋がります。

椎間板ヘルニアの症状になると
足や腰の痛みやしびれが慢性化してしまい、
神経を刺激するたびに痛みが発生します。

 

精神面からくる腰痛

 

あまり馴染みはないですが、
実は最近、精神面からくる腰痛と診断される事例が増えてきています。

デスクワークで無理な姿勢からくる痛みが、
仕事面や人間関係からくるストレスと重なり、
更に症状が悪化するというケースです。

肉体的な負担自体がストレスを伴うことにより、
更に痛みが増してしまう事象です。

また、ストレスやうつ病などで頭痛を発症してしまうのと同じく、
その神経痛が腰を構成する部位への
神経痛に繋がるということもあるようです。

腰痛が起こる要因は人により様々です。
どのタイミングで自覚症状を認識し、どういった方法で向き合っていけば良いのか?

繰り返しになりますが、慢性化した腰痛は
大きくはこの2種類が原因と思われます。

まずはこの原因を理解・認識し、ご自身の日常を振り返ったうえで、
ご自身に見合った改善策を検討していくということ、
これが重要だと思います。

スポンサードリンク

このページの先頭へ