スマホが熱い!そのままにしてても大丈夫?熱くなる原因と対策について

スポンサードリンク

「熱い!!何これ壊れてるの?」

iphoneやandroidなどのスマホを使っている時、異常なぐらい熱いことってありませんか?
カイロなんじゃないかと思うぐらい熱くなることがあります。
言い過ぎかと思うけどそれに近いぐらい熱いです(^^)

スポンサードリンク

 

これは明らかに正常な状態ではないということがわかります。
そこで今回はスマホが熱くなる原因と対策について見ていきましょう。

 

 

スマホが熱くなる原因は?

 

スマホが熱くなる原因として、

・バッテリー
・CPU・アプリ
・充電しながらの使用
・環境

などのことが考えられます。

 

バッテリー

バッテリーが劣化してくると電池の減りが早くなります。
電池の減りが早くなるとすぐに充電しなければなりません。
電池が減る→充電を繰り返しているとバッテリーに負担がかかります。
すると発熱の原因となってしまうのです。

 

CPU・アプリ

スマホでは様々なアプリを使うことができます。
アプリの中には負荷が高いものもあります。
そうしたものを使うことや、負荷が小さくても複数のアプリを同時に使うことは
熱くなる原因となってしまいます。

バックグラウンドで起動させたままというのはよくあることなので確認するようにしましょう。
なんとなく電池の減りが早いという場合はこのことが原因のこともあります。
私はよくこれをやっていました(笑)

負担をかけないためにはなるべくバックグラウンドではアプリを起動させないことをおすすめします。

 

充電しながらの使用

充電しながらの使用って電池は充電できてそのまま使えるから便利な感じがしますよね。
電池が減るのを気にしないで使えるから便利だと思うかもしれませんが、
これは充電と放電が同時に行われる状態です。

なので、バッテリーへの負担も大きくなってしまいます。
バッテリーの劣化へつながることにもなり、発熱の原因ともなってしまいます。

私も以前はよくやっていましたが、よくないことだと知りやめました。
もっと早く知りたかったー(T_T)

 

環境

スマホを使っている環境はどうですか?

・直射日光の当たる場所
・夏の暑い日に車の中に置いたままにする、
・ストーブなどの暖房器具の近くで使う
・布団や毛布の中で使う

など明らかに熱い場所で使っているとスマホが熱を持ったままになってしまいます。

他にも、電波が不安定な場所に置いておくと電波を探すという負荷がかかってしまうので
発熱の原因になってしまいます。

 

スマホが熱くなるとどうなるの?

 

「まぁスマホが熱いからってどうって事はないし!」
「火傷しない限りは大丈夫!それぐらいは耐えれる!」

とあまり気にしないということもあるかもしれません。
ですが、スマホが熱いままにしておくと突然動かなくなってしまうということもあります。

・急に画面が暗くなる
・充電されにくくなる
・電波が弱くなる

などの故障トラブルが発生することも考えられます。

これは怖いですよね。
ただの熱だからといって甘くみてはいけないっていう事です。
スマホは高いから大事にしなければいけないということですね^^

 

スマホが熱くなるのを防ぐための対策は?

 

スマホ暑くさせないためには、日ごろから発熱させないための工夫が必要です。

・充電しながら使わない
・熱い場所に置いておかない
・長時間使い続けない

などの事は最低限守る必要があります。

 

スマホが熱いときにやってはいけない対処法

 

スマホ熱い時にやってはいけないこととして、

・水につける
・冷蔵庫で冷やす
・保冷剤を使う

ということがあります。

熱いからといってただ熱を下げればいいというわけではありません。
スマホ用の冷却シートやCPUクーラーなどを使う事は問題ありませんが、
水や冷蔵庫、保冷剤を使うというのはいけません。

温度が急激に変わると内部に結露が発生し、故障につながる可能性があります。
自然に空気で熱を下げて冷ますようにしましょう。

スマホが熱くなった時には、

・負荷が高いアプリを使わない
・スマホのケース・カバーを外す
・充電をしない
・電源をオフにする

などの対処でスマホを冷ますようにしましょう。

あまりにも熱くなって、急に画面が映らない、電源が入らないなどのトラブルが起きた場合は
バッテリーが問題ということもあります。
バッテリー・電池交換をしても問題解決しないという場合は修理に出しましょう。

 

まとめ

 

・バッテリーや使い方、環境等によってスマホは熱くなる
・スマホを熱いままにしておくと故障の原因になる
・スマホに熱を持たせないために工夫が必要
・水や冷蔵庫、保冷剤で冷やすのはNG

スマートフォンは電子機器なのでどうしても熱を発生しやすいです。
使っているうちに多少熱いぐらいだったら特に問題はありませんが、
あまりにも熱いというのは問題があるかもしれません。

夏に暑い場所で使う等は発熱する原因としてわかりやすいですが、
使い方は案外気づかないことが多いです。

”スマホに優しい使い方”

熱くさせないためにはこれが重要なんですね。

優しいってなんだよって思うかもしれませんが(笑)
要は使いすぎで負担をかけないってことです。

スマホは高価で簡単に買い替えがしにくいものなので、
大事にするためにも参考にしてみてくださいね(^o^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ