お月見だよ!中秋の名月はいつ?由来は?

秋になるとお月見の時期なんて考える人もいると思います。

スポンサードリンク

tsukimi_jugoya

 

 

中秋の名月とは?

 

中秋の名月とは十五夜とも呼ばれるもので旧暦8月15日の満月のことです。

旧暦では7月~9月が秋であり、
その真中の日が旧暦の8月15日になるため「中秋」と呼ばれます。

旧暦なので今のカレンダー通りではありません。
これは注意してください。

2013年の八月十五夜は9月19日になります。
そして、九月十三夜は10月17日になります。

九月十三夜にも月見をするのは日本だけの習慣であり、
各地域によっても習慣が異なるもののようです。

 

中秋の名月の由来とは?

 

稲の豊作を祈るためのお祭りという説があります。
また、稲の豊作祈願だけではなく、芋類の収穫祭だったという説もあるようです。
このあたりは諸説あるようです。

他にも、中国では古くから、月を見るという行事があり、
それが平安時代に日本に伝来してきたとされる説もあります。

日本ではかつては高級貴族達だけの風習だったようですが、
江戸時代になると庶民の間でも行われる一般的な行事となって今に至るようです。

 

お月見には何をするの?

 

そもそもお月見とは何をするものなのでしょうか?

スポンサードリンク

お月見は中秋の名月の行事ですが、
これは古来より十五夜(満月)に月を鑑賞する習慣と
秋の収穫を感謝するための行事のようです。

暑い夏がすぎ、空気が澄んだ秋に見る月はより一層の美しさがあることでしょう。
たまにはゆっくりと月を見るのもいいことだと思います。

その時に食べる物と言えば・・・月見だんごです。

 

月見だんごの由来とは?

 

お月見に団子を食べるという習慣は江戸時代からの習慣のようです。
一般に浸透したのがこの時期なので江戸時代からということです。

お月見の時にこれからの収穫を祈りをこめて収穫物である米の団子を用意したのが
月見だんごの由来とされています。

 

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ