夏風邪の症状は下痢?咳?高熱?治し方は?

夏は暑い日が続きます。

スポンサードリンク

mask_kafun_woman

 

暑い日はつい寝る時に薄着で寝たりします。
そんな時に注意しなければいけないのが夏風邪です。

 

夏風邪の症状とは?

 

夏風邪の主な症状として、
37.5度の微熱が続きます。
また、喉の痛み、激しい咳、頭痛、腹痛、下痢、などがあります。

この夏風邪も冬にひく風邪と同様、
ウィルス感染が原因となっています。

主な夏風邪の原因となる有名な3つのウイルスがあります。
アデノウイルス、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスです。
それぞれのウィルスの症状の特徴を見ていきましょう。

アデノウイルス

アデノウイルスに感染すると、発熱、のどの痛み、激しい咳などの症状があります。
また、腸炎大腸炎とか下痢の原因にもなります。

エンテロウイルス

エンテロウイルスは、発熱、のどの痛み、下痢、腹痛などの症状の原因になります。
また、皮膚の疱疹を起こすこともあります。

コクサッキーウイルス

コクサッキーウイルスに感染すると、高熱、のどの痛みなどの症状が起きます。
また、口内炎の症状の原因にもなります。

これらウイルスは感染方法もそれぞれあるようです。

 

子供の夏風邪の症状と原因

 

子供がかかりやすい夏風邪にプールで感染することの多いプール熱があります。
これは、のどの痛みや高熱が起きます。

高熱、口内炎などヘルパンギーナの症状があります。

また、手足口病があります。
手足口病についてはこちらの記事を参考にしてください。

子供が夏風邪にかかりやすい原因として考えられることに
大人よりも抵抗力が弱いことと、
夏風邪の原因のウイルスが多い場所(プール、学校など)に行くことが多い
ということが考えられます。

 

夏風邪の治し方は?

 

基本的には睡眠、食事に気をつけるということです。
ただ、脱水にはならないように水分補給はこまめにしてください。

スポンサードリンク

食事は消化のいいものを食べるようにしてください。
すりおろしりんごは効果的です。
逆に、肉など脂っぽいものは避けたほうがいいでしょう。

また、免疫力を高めるショウガ、にんにく料理、ヨーグルトなども効果的です。

エアコンは長時間利用しないようにして
使うなら温度は高めに設定して、乾燥しすぎないようにしましょう。

 

夏風邪が長引く理由とは?

 

夏風邪は一般的に治りにくいイメージを持たれます。
なぜ夏風邪は長引くのでしょうか?

考えられる理由として、
気温差が考えられます。

夏は室内と室外の気温差が激しいので、
自律神経が乱れて、免疫力が低下します。

その結果、夏風邪は長引くのです。

 

夏風邪の予防、対策

 

家に帰ったらうがい、手洗いは基本です。
あと、以外と知られていないですが、目薬は有効です。

夏風邪のウイルスを目から感染する場合もありますので、
洗い流すためにも種類はなんでもいいので目薬は有効です。

ペットボトルの回し飲みは避けましょう。

また、まわりに風邪ぎみの人がいる場合は冬同様にマスクをすると効果的です。

夏風邪には気をつけて夏をすごしましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ