心筋梗塞の原因は?予防方法は?後遺症は残るの?

近年では若い人の間でも起きる心筋梗塞。
その心筋梗塞には何が原因で、どんな予防方法があり、どんな後遺症があるのかを見て行きましょう。

スポンサードリンク

img_485440_23714813_0

 

 

心筋梗塞の原因は?

 

心筋梗塞にはどんな原因があるのでしょうか?

心筋梗塞とは、動脈硬化が進み、
血管内に血栓ができてしまうことで引き起こされる病気です。

心筋梗塞の原因のほとんどが生活習慣が原因とされています。
動脈硬化は老化によるものと一般的に言われていますが、
若いころからの不摂生が症状となって現れてくるものです。

動脈硬化は、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの
生活習慣の違いによって大きく影響されるものです。

食事で言うと、肉類など動物性脂肪の多い高カロリー食は、
血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。
それらが原因で血管が詰まったり、破れたりするのです。

肉ばかり食べることが健康に良くないというのはこのことからも言うことができます。
[check_list image=”check1-g”]

スポンサードリンク
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 喫煙
  • 運動不足
  • 食事
  • アルコール
  • ストレス

[/check_list]
などについて確認してみましょう。
これらを確認して生活習慣を見直すことが重要です。

 

心筋梗塞の予防方法

 

先ほどのチェックリストに気をつけることが心筋梗塞を予防するには大切なことです。

バランスのとれた食事は常に心がけるようにしましょう。
青魚は心筋梗塞の予防効果が高い食べ物とされています。

アジ、サバ、イワシ、サンマなどの青魚を中心とした食事を心がけることで、
心筋梗塞の原因である、動脈硬化の予防につながります。

健康的な和食が予防には一番です。

規則正しい生活をし、
ストレスをためずに、
運動も適度にすることが
心筋梗塞の予防には大事なことです。

 

心筋梗塞の後遺症

 

心筋梗塞の後遺症として心不全があります。

心不全とは、心筋梗塞により心臓の細胞が機能しなくなり、
全身の臓器に充分な量の血液を送れなくなってしまうことです。

階段を昇る時に息切れのために途中で休まなくてはならなくなる
などの息切れが代表的な症状です。

この状態がひどいと、すぐに疲れてしまうので食欲がなくなります。
急に呼吸困難になり、急性心不全を起こす人もいます。

近年では女優の天海祐希さん、
サッカー元日本代表の松田直樹さんなど、
若くして心筋梗塞に掛かる人が増えています。

なので、若いから大丈夫ということは保証されません。
今一度、日頃の生活習慣を見なおしてみましょう。

心筋梗塞の症状とは?前兆は?チェックリストは?

 

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ