秋雨前線とはいつ?梅雨前線との違いは?雷は?

夏が終わるに連れて秋の天気が気になるところです。

スポンサードリンク

imgview

 

 

秋雨前線とはいつ?

 

秋雨前線とは何なんでしょうか?
夏の終わり頃によく聞く名前です。

これは9月の上・中旬から10月の上・中旬にかけて日本の南岸沿いに現れる停滞前線のことです。
秋の長雨をもたらします。

夏の間に日本付近にあった亜熱帯高気圧(小笠原高気圧)が南下して、
北から寒気をまとった高気圧が日本海や北日本の上空に現れます。
この境界に秋雨前線ができるという仕組みです。

スポンサードリンク

秋雨前線の時期は台風シーズンと重なり、
接近してくると台風の暖かく湿った風が秋雨前線に影響して、
前線が活発化して大雨をもたらすことにつながります。

 

秋雨前線と梅雨前線の違いは?

 

秋雨前線と梅雨前線の一番の違いは季節です。
5月から7月頃にできるのが梅雨前線で、
9月~10月ぐらいにできるのが秋雨前線です。

梅雨前線は南から北へ移動してきて、本州を通過すれば暑い夏がやってきます。
逆に秋雨前線は南へ下がりながら形成されるとされています。

 

秋雨前線は雷をもたらすの?

 

秋雨前線は一般的には雷をともなった雨は降りにくいとされています。
しかし、雷をともなった激しい雨が降ることがあります。

秋雨前線は台風の時期に発生します。
台風と秋雨前線が交わり、
積乱雲が発達して大雨が降り、雷が発生する仕組みです。

雷は夏だけのものではなく、
秋も要注意する必要があります。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ