プリンの語源とは?プディング?食品は?

スポンサードリンク

プリンといったらデザートのプリンを思い浮かべる人が多いはずです。

スポンサードリンク

images

 

 

プリンの語源とはプディング?

 

プリンの語源とは何なんでしょうか?

プリンの語源は「プディング(pudding)」という英語です。

「プディング」というものは
Wikipediaによると、、

小麦粉、米、ラード、肉、卵、牛乳、バター、果物などの材料を
混ぜて、砂糖、塩などの調味料や香辛料で味付けし、
煮たり蒸したり焼いたりして固めた料理の総称。

のようです。

イギリスでは、本来蒸し料理全般を指すものだったようです。

日本では、日本人が「プディング」を「プリン」と聞き取ったとする説と、
感触からプリンと名付けた説があります。
どちらもイギリスとは異なるものです。

一般的に日本ではプリンというと、
カスタードプリンのことを指します。

 

「プリン」と名のつく食品は?

 

「プリン」といえば、
デザート以外にも「プリン体」があります。

年齢を重ねると余計気になるところですね(笑)

プリン体とは細胞中にある「核酸」を構成する成分のひとつで、
痛風の要因として知られています。

プリン体は穀物の他、肉、魚、野菜など食物全般に含まれています。
プリン体を多く含む食品は、
レバー類、白子、一部の魚介類(エビ、イワシ、カツオ等)や、
干し椎茸などがあります。

また、有名なところではビールがあります。

一般的にビールには100mlあたり約5-10mg、
発泡酒にはその約半分が含まれています。

ビール・発泡酒のプリン体の量は、
100mlあたりではそれほど多くはありませんが、
お酒を毎日飲むと痛風になる可能性は高くなります。

お酒は適度に飲むようにしましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ