晩夏とは?いつからいつまで?

夏の最後のほうによく聞く「晩夏」とは一体何なのでしょうか?

スポンサードリンク

 

晩夏とは?

 

晩夏(ばんか)とは何なんでしょうか?
なんとなく想像つくかもしれませんが、
夏の最後のほうのことです。

夏の終わりが近づくと涼しくなる嬉しさがある反面、
なんとなく寂しい気持ちにもなるものです。

それが「晩夏」というものなんですね。

 

晩夏はいつ頃?

 

だいたい8月後半から9月の前半ぐらいのことを
晩夏と呼びます。

スポンサードリンク

ですが、近年は9月でもまだまだ暑い日が続きます。
なので、晩夏は9月真ん中ぐらいまでと考えてもいいかもしれません。

 

晩夏の候とはいつ?

 

季節の挨拶で「晩夏の候」という言葉を目にすることがあります。
読み方は「ばんかのこう」です。

これは残暑見舞いを送る時期の言葉です。

まだまだ暑くても暦上は秋ということがあるので
挨拶に使うときは注意が必要です。

8月7日頃が立秋なので、
それ以降は暑中見舞いではなく残暑見舞いとなります。

「晩夏の候、いかがおすごしでしょうか?」

こんなかんじの挨拶ですね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ