お歳暮とは?お中元との違いは?両方必要?どちらかだけでいいの?

「お歳暮のギフトは~」、とか、
「お中元はあれを贈って~」

など、言われますが
お歳暮とお中元の違いは知っていますか?

スポンサードリンク

oseibo

 

お歳暮とは?

 

お歳暮とは字の通り
「歳」「暮」に贈るものです。

1年間お世話になった人に、感謝・お礼の意味を込めて贈りものをすることで、
一般的に12月10日~20日くらいまでの間に贈ります。

年内に贈れなかった場合は、新年に「お年賀」として、
また、1月15日を過ぎた場合、
「寒中見舞い」として贈るということもあります。

贈るものの定番としては
ビールなどのアルコール飲料やハムなどが定番とされています。

1年の最後を締めくくるという意味が強くなりがちので、
お中元よりも高額な商品が選ばれる傾向があります。

スポンサードリンク

 

お中元とは?

 

お中元とは夏の暑い時期に贈るものです。
日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちをこめて贈り物をするという
古くからの風習です。

お中元の時期は、関東地方では6月末から7月15日ごろまでですが、
関西地方などでは1ヶ月遅れの7月中旬から8月15日ごろとなっています。

贈るものの定番としては
お酒やお菓子といった飲食品が定番です。

以上から明確な違いは”贈る時期”ということです。
それ以外は基本的に一緒で、特別違うということはないようです。

 

お中元とお歳暮は両方必要なの?どちらかだけでいいの?

 

厳密にはお中元を贈ったからといって
お歳暮も贈らないといけないという決まりはありません。

ただ、一般的にはお中元を贈った場合はお歳暮も贈ることが多いです。

お中元とお歳暮を比較した場合、
お歳暮のほうが1年の締めくくりという意味で重要視される傾向が強いから
お歳暮が大事だとされているようです。

お中元を省いてお歳暮だけを贈るというのもひとつの手ではあります。

ただ、強制的にするようなものではないので、
無理にするという必要もありません。

嫌々ものを贈るというよりも感謝の気持ちを持つことのほうが重要ということですね。

 

お歳暮の時期、関東と関西の違いについてはこちら

 

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ