新入社員におすすめの名刺入れは?女性が気をつけるべき点は?

4月から新生活がスタートするという人も多いですね。

スポンサードリンク

会社に就職して新入社員としての生活を始める人にとっては、
これまでの生活と大きく変わるため最初は戸惑いも多いかもしれません。

新社会人として揃えておくべきアイテムはいくつかあります。
スーツ、カバン、靴、ネクタイなどです。
また、今までは使うことのなかった「名刺入れ」というものもあります。

特に女性は、

「どんな名刺入れがいいのかわかない。」

という人が多いのでおすすめのものと避けた方がいいものをまとめました。

CSS_mbawosousasurujyosei1292500

 

新入社員におすすめの名刺入れ

 

まず気をつけるべき点がいくつかあります。

  • 高級なブランドや派手なものは避けた方がいい
  • ある程度の枚数が入るもの
  • 奇抜な素材は避ける

といった点です。

 

高級なブランドや派手なものは避けた方がいい

 

明らかに高級品とわかるものは避けた方がいいです。
ルイ・ヴィトンなど誰もが見てわかるものはやめておいたほうがいいです。

新入社員が持っているとあまり印象がよくないからです。

「何も知らない、何もできないのにカッコだけは一人前だなぁ。」

なんて思われてしまいます。

生意気だと思われるぐらいならまだマシですが、
取引先との挨拶の場合、あなたの会社まで評判が悪くなるかもしれません。

そうなっては遅いのでまずは無難なものにしておきましょう。
値段は5000円以内ぐらいのもので十分です。
最初はシンプルなものにしておきましょう。

 

ある程度の枚数が入るもの

 

名刺というものは挨拶の時に使うものです。
予想以上に多くの場面で使うことになります。

その時に名刺がなくなったでは困ります。
社外の人との挨拶の場合、自分は困らなくても会社は困ります。

なので、常にある程度の枚数は持てるようにしておきましょう。
そのためにも名刺入れの容量は余裕があるものを用意しましょう。
少なくとも30枚以上は入るものがおすすめです。

スポンサードリンク

 

奇抜な素材は避ける

 

名刺入れの素材にはプラスチック、金属製、革製など様々なものがあります。
一般的には革製のものが多く使われます。

プラスチックや金属製はやめておきましょう。

名刺入れは見た目と同様に大事なものです。
いつ見られても大丈夫なように整えておきましょう。

 

女性の名刺入れの色と気をつけるべき点

 

名刺入れは名刺交換の際にしか相手に見られないものですが、
社会人にとってとても重要なものです。
相手に不快感を与えない色を選ぶ必要があります。

まず避けた方がいい色です。

 

赤色、オレンジ色

 

こういった色はまず派手すぎます。
インパクトがあるため目立ちます。
これはいい意味ではなく、悪い意味で目立ちます。

また、心理学的にも赤は相手に警戒心を抱かせるので、
そういったことからも選んではいけないのです。

いくら女性だからといってもこれらの色はやめておきましょう。
どうしても赤系の色がいいというのなら明るい赤ではなく暗いかんじの赤にしましょう。

 

白色

 

これもやめておいたほうがいいです。

一般的にスーツは暗い色のものを着ます。
そこに名刺入れが白だとコーディネートから考えてもおかしいです。
変に目立つことになります。

 

おすすめの色

 

紺、黒、茶色

 

これらの色はおすすめです。
スーツとの相性もいいですし、何にでも合わせやすいからです。

「他人とカブるから嫌だ!」

と思うかもしれませんが変に目立つよりははるかにマシです。
個性的なデザインや色のものはもう少し職場に慣れてからにしましょう。

茶色の革製の名刺入れなら安いものでもオシャレな雰囲気があります。
最初に持つものとしてはかなりおすすめできます。

ファッションが好きな女性なら黒や茶色などでは満足できないという人もいることだと思います。
ですが、最初は無難な色にしておいたほうがいいです。
あくまでも「最初は」ですよ。

会社の雰囲気や周りの人の雰囲気を見て、徐々に仕事に慣れてきたら、
次の2個目の名刺入れは自分好みにすればいいと思います。

オシャレな名刺入れは安くてもたくさんあります。
まずはシンプルなものを一つ揃えておくようにしましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ