花冷えの季節とは?手紙での使い方も確認

春になって花が咲く頃に「花冷え」。
あまり聞き慣れない言葉かもしれません。

スポンサードリンク

MARI85_awaihikaritopinksakura20120505500

 

花冷えの意味とは?

 

「花冷えの季節~」なんて言葉を聞いたことがあるかもしれません。
これには「桜が咲く頃一時的に寒くなること」という意味があります。

4月は冬が終わり、春になり、これから暖かくなるという時期です。
ちょうどその頃、桜が咲く季節です。

そういったことを掛けあわせた言葉が「花冷え」なのです。
時期は3月下旬~4月上旬です。
この時期はお花見が行われる時期でもあります。

スポンサードリンク

温かいからといってお花見に行ったら、

「あれ?さっきまで暖かかったのになんか寒くなってきた~。」

という経験がある人もいるのではないでしょうか?
そういった寒さが「花冷え」です。

花冷えは北の方から冷たい空気が南下してくることが原因とされています。
急に寒くなることがありますので花見の時期は気をつけてください。

 

花冷えの使い方

 

この言葉は「季語」としても使われるようです。
季語ということは俳句や手紙でも使われるということです。

「花冷えの日が続いておりますが、いかがお過ごしですか?」
「花冷えに風邪など召されぬようご自愛ください」

といった使い方ができます。
4月上旬の挨拶に使える言葉です。

この時期にしか感じることができない情緒的な表現ができます。

花冷えは暖かいと思ったら寒くなったりと気温の変化が激しいです。
急な気温差で体調を崩さないように気をつけてくださいね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ