入梅の候とは?意味や読み方は?何月のことなの?

「入梅の候」これは時候の挨拶で使われる言葉です。
どんな意味があるのか、時期はいつなのかについて見ていきます。

スポンサードリンク

pp_nuretamurasakinohana500

 

入梅の候の読み方、意味、時期

 

「入梅の候」まずこれは「にゅうばいのこう」と読みます。

「~の候」これは季節の挨拶などでよく見る言葉です。
「入梅の候」という言葉は季節の言葉なのです。

そもそも入梅とは梅雨入りの日のことで日付は6月11日頃とされています。

そのことから「入梅の候」とは6月上旬に時候の挨拶として使われる言葉なのです。
6月上旬というと、湿度が高くジメジメとした日が続きます。
こうしたことを柔らかく表現するために「入梅の候」という言葉が使われるわけです。

スポンサードリンク

「候」とは中国の暦のことで、
360日を72等分した単位(5日)を指す言葉のことです。
「~の候」という表現はたくさんあるのもこうした背景があるからということです。

他にも6月の挨拶には、

・初夏の候・梅雨の候・向夏の候・向暑のみぎり・若葉青葉の候・青葉の候・深緑の候
・向暑の候・長雨の候

などがあります。
また、「~の候」という言葉以外にも、

・さわやかな初夏の季節
・時候不順の折
・長かった梅雨もようやくあがり
・爽やかな初夏を迎え
・初夏の風に肌も汗ばむ頃
・樹々の緑深くなり
・若鮎のおどる季節
・暑さ日増しに厳しく
・空には白い雲が浮かび
・暑気日ごとに加わり
・日の光も青く

などの表現もあります。

 

「入梅の候」を使った例文

 

「入梅の候、皆様ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 」

手紙ではこのように使うことが一般的です。
こうしてみると日本語の挨拶はたくさんあって深いことがわかります。

 

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ