出産祝い二人目の相場はいくら?あげないでもいいの?

「赤ちゃん生まれたんだ~。」

「おめでと~!二人目だっけ?」

「うん、そうなんだ~♪」

スポンサードリンク

友人や知り合いに赤ちゃんが生まれるというのはある程度の年齢までいけばよくあることです。
けど、その時に、

「あれ?出産祝いって二人目もあげないといけないのかな?金額はいくらぐらい?」

と思うこともあるかもしれません。
いざという時にあせらないように確認しておきましょう。

parents-holding-baby-871294937167Xx4

 

出産祝いの二人目の金額の相場

 

出産祝いは自分の立場、相手との関係性によって相場は異なります。
お祝いの金額は相手との関係性で決めましょう。

 

相手が職場の人の場合

 

相場は5000円ぐらいです。

職場の人間関係は難しいものです。
友人のように明らかに仲がいいという場合はそれなりの金額でもいいですが、
それほど親しくない人の場合は特に難しいです。

あまりに安い金額ではこれから先、仕事での関係に支障をきたすこともあります。
かといって、それほど高い金額も払いたくないというのが本音でしょう。

そういった場合は何人かで協力してプレゼントを買うというのもひとつの手段です。
親しくない場合でも、お祝いなので相手に失礼のないようにすることがマナーです。

 

相手が友人の場合

 

相場は5000円~10000円ぐらいです。
相手にあまり気を遣わせないことを考えるとこのあたりが相場です。
気を遣わせないことは最低限のマナーです。

 

相手が兄弟、親戚の場合

 

相場は10000円~30000円ぐらいです。
たくさん人数がいる場合は一律で〇〇円と決めておくこともいいかもしれません。

スポンサードリンク

 

相手が子供、孫の場合

 

相場は10000円~100000円ぐらいです。
中には数十万円のお祝いということもあるようですが、無理をしないことが大事です。
無理をして大金を払うことはカッコがいいことではないですし、相手も喜んでくれません。
無理のない範囲で相手に喜んでもらえればそれで大丈夫です。

 

出産祝いをあげない

 

出産祝いをあげないという選択肢もありますが、あげない場合はそれなりの覚悟は必要です。
自分は当然もらえないこと、
「あの人はお祝いをあげない人」と見られること、
こういったことを覚悟できるならおすすめはできませんが、あげないという選択肢もアリかもしれません。

 

二人目の出産祝いのプレゼント

 

出産祝いは一人目に赤ちゃんに必要なものをあげた時には、
大体のベビー用品が揃っている状態だと思います。
そうなると何をあげればいいのかわからないかもしれません。

[illust illst=”nayami-w3-l” align=”right” width=”210″]

 

やめておいたほうがいいもの

 

  • すでに持っているもの
  • あまりに大きいもの
  • 使い道がないぐらい個性的すぎるもの

すでに持っているものは消耗品を除くと迷惑になる可能性があります。
あまりに大きいものはせまい家の場合は場所をとって邪魔になります。
あまりに個性的なベビー服などは着にくいことが考えられます。

[illust illst=”yorokobi-w3-l” align=”right” width=”210″]

 

プレゼントするといいもの

 

  • 新品の服
  • 消耗品
  • マザーズバッグ

二人目の子はお下がりを着ることが多いです。
そのために新品の服というのは喜ばれることが多いのです。
その際にあえて、上の子と同じお揃いのものというのもいいかもしれません。

赤ちゃんにとって絶対に必要な消耗品というと、やはりオムツです。
これはいくらあっても嬉しいものです。
育児に奮闘するお母さんのためにもオムツのプレゼントはいいかもしれません。

マザーズバッグというのは出産祝いとしては意外かもしれませんが、
子供が二人以上いると何かと荷物が増えるものです。
そうした時にこうしたバッグがあると喜ばれることです。

 

スポンサードリンク

このページの先頭へ