赤ちゃんの名前はどんなのが人気?やめたほうがいいのは?願い別の漢字を紹介!

赤ちゃんが生まれる時にまず考えなくてはいけないのが名前です。
これは「赤ちゃん」にとって大事なことなのではなく、その「人」にとって一生大事なものです。

スポンサードリンク

mom-and-baby-having-fun

 

珍しい、かわいい、おしゃれ・・・

 

一生懸命考えればどんな名前でもいいかというとそうではないことがあります。
名前が原因でいじめられたり、就職に不利になったりする可能性があるのです。

「珍しい名前をつけたい。」
「やっぱりかわいい名前がいいよね。」
「古臭い名前じゃなく、おしゃれな名前がいい。」

親としてはまじめにこのように考える人もいます。
ですが、度を越すことは避けたほうがいいです。

最近では奇抜な名前のことを「キラキラネーム」なんて言われます。
親としては一生懸命考えたのかもしれません。

ですが、これによっていじめが起きたらどうでしょうか?
就職できなかったらどうでしょうか?

「名前のことでいじめなんてするな!」
「就職できないなんてただの差別じゃないか!」

たしかにおっしゃる通りです。
ですが、名前というのは「たかが名前」だけど「されど名前」なのです。
名前だけで人格まで判断されることがあるのです。

名前のことでいじめられたり就職できなかったりすると、
間違いなく親との関係性は悪くなります。
珍しい、かわいい、おしゃれなど一時的な感情で名前をつけることは危険なのです。

このようなことから子供の人生を長く考えた時には、
あまりにも奇抜な名前は避けたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

 

漢字から名前を考えてみる

 

漢字から名前を考える場合、多くは「いい意味」を考えると思います。
ですが、漢字にはいい意味だけではなく悪い意味も含まれていることがあります。

例えば、「優」という漢字。
これは「優しい」、「優秀」などのように優れた聡明なイメージがあります。
ですが、「にんべん」をとると「憂」(うれい)となることから悲しみを象徴することもあります。

このように「いい意味」と「悪い意味」は表裏一体です。

「この漢字は悪い意味があるからやめておこう。」

こう考えるのもひとつですが、悪い意味だけにとらわれるといつまでも名前を決めることができません。
悪い意味の裏にはいい意味もあるのでいろいろと見てみることをおすすめします。

 

赤ちゃんの名前・漢字一文字

 

赤ちゃんの名前を考える時は、

「〇〇になってほしいな~。」

と願いを込めてつけることがあります。
タイプ別にまとめてみました。

 

「賢くなってほしい」

 

岳・優・理・櫂・凜・哉・匠・光・真・奏・創・ 壮
秀・英・俊・茂・傑・賢・怜

 

「男らしくたくましく生きて欲しい」

 

偉・大・太・強・勝・猛・剛・虎・豪・雄・勇・健・康・育
丈・陸・直・航・空・響・海

 

「美しい女性になってほしい」

 

美・佳・花・華・彩・綾・玲・麗・蘭・雅・梅・桜・椿・菫

 

「かっこいい名前をつけたい」

 

絆・弥・渉・聖・碧・瑛・颯・蓮・廉

 

ここまで意味別の漢字を挙げてみました。
これらを使って漢字一文字の名前にしてもいいですし、
組み合わせて使ってもいいと思います。

ただ、あまりにも読み方がわからない名前などは避けたほうがいいかもしれません。
これは周りの人に迷惑がかかることがあるからです。
病院などではそうした呼びかけがあるぐらいです。

せっかく生まれてきた赤ちゃんです。
後悔のない名前にしてくださいね!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ