ゲジゲジ虫はどこから家に入ってくるの?ムカデとの違いは?対策しないとヤバイ!

春が過ぎて暖かくなってくると家の中に変な虫が入ってくることがあります。

スポンサードリンク

「うわー!!」
「出たー!何だコレ!」
「マジ無理!触りたくないし、見たくもない!」

ホントにこう思います(汗)
これは私もそうですが、多くの人が思うことだと思います。

water-drop-on-grass

 

あの変なゲジゲジの虫はどこから入ってくるの?

 

あの変な虫(笑)は一体どこから家の中に入ってくるのでしょうか?
ゲジゲジ虫は人間が出入りできないスペースから入ってくることが多いです。

代表的な侵入経路は、

台所のシンク下の扉、クーラーの排水口、風呂・キッチンの排水溝、
家のわずかなすきま、換気扇、網戸、屋根裏の通気口、床下、屋根瓦

などがあります。
これらはすべて人間が出入りできないような狭いスペースです。
なかなか気を配るのが難しいかもしれません。

 

ゲジゲジとムカデの違いは?

 

「ゲジゲジとムカデって何が違うの?」

なかなかじっくり見ることは少ないので違いがよくわからないかもしれません。

ゲジゲジとムカデの一番の違いは、「毒」があるかないかです。

ゲジゲジは牙はあるのですが、毒はありません。
人間にとって害はあまりありません。
害なのは見た目ぐらいでしょうか(笑)

また、ゴキブリの天敵のようななので、ゴキブリを倒してくれます!
そのような意味ではとても応援できることです!!

一方でムカデは注意が必要です。

ムカデは毒を持っています。
噛まれるとかなり痛いです(T_T)
しかもしばらく腫れています。

ただ、動きはゲジゲジよりも遅いです。

簡単に比較してみました。
専門サイトではより詳しく説明されていますが、
写真に抵抗がある人は見るのはやめておいたほうがいいですよ。

私はすぐに閉じてしまいました(笑)
ザッとだけ知っておけば十分です。

 

侵入させないように対策する

 

まず、できるだけ隙間を作らないことです。
これが最も有効な対策です。
さらに、

  • お風呂のお湯を入れていない時は排水口の栓は必ずする
  • 栓ができないその他の排水口は重いネットにする
  • 網戸の隙間はテープなどで埋める
  • 換気扇にはカバーをつける

などの対策が必要です。

中でも最も注意が必要なのは、「水周り」です。
パイプを通すための穴が外とつながっていることがあります。
これが危険なのです。

 

やはり殺虫剤!

 

いくら隙間を埋める対策をしても、それでも家の中に入ってくることはあります。
そんな時はやはり殺虫剤が必要です。

殺虫剤というとスプレー型のものを思い浮かべるかもしれません。
ですが、家の外にも使うことができるものがあります。
いくつかあるので紹介します。

 

ムカデ博士

 

これが家の外にまくものです。
これは効果が比較的長く続きます。
ただ、しょっちゅう使うと値段が高くなってしまいます。

【レビューを書いて送料無料】ムカデ博士 1箱10kg(5kg×2袋入) 超高品質ムカデ退治用粒剤

【レビューを書いて送料無料】ムカデ博士 1箱10kg(5kg×2袋入) 超高品質ムカデ退治用粒剤
価格:5,875円(税込、送料込)

スポンサードリンク

 

ゴキジェット

 

これはスプレータイプです。
アースジェットやフマキラーなど多くの種類があります。
ゴキブリ対策も兼ねるのならゴキジェットが効果的です。
スプレータイプは家の中に常に用意しておきたいものです。

 

ムカデシャット屋内用

 

これはムカデが嫌がるニオイが発生します。
人によっては苦手だという人もいます。
ただ、どうしてもムカデを見たくないなら置いておくことをおすすめします。

ムカデシャット屋内用(メール便可)

ムカデシャット屋内用(メール便可)
価格:2,160円(税込、送料別)

 

また、寝る時に不安でどうしても安心して眠れないということもあるかもしれません。
殺虫剤ではないですが、殺虫剤だけではどうしても不安というのなら蚊帳を使うこともいいですよ。

 

ここまでやればさすがに安心して眠れます(笑)

ゲジゲジだけならともかく、ムカデが家に出た場合は早急に対策することをおすすめします。
家の隙間を埋めて、市販品で予防すれば大丈夫です。
さすがにこれ以上はどうしようもないですから。

市販品を使うこともいいですが、
それよりもまずは家の隙間を埋めることです。
徹底的にやってください。

できるならなるべく暑くならないうちに済ませておきましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ