首の痛みの原因と解消法

「痛い。なんか首が痛い。何が原因なんだ。」

スポンサードリンク

突然首が痛くなったり、なんとなくいつも首が痛かったりすることが現代人には多くあります。

OZP86_kubigaitaidesu500

 

首の痛みの原因

 

首の痛みは首だけというよりも肩や頭が関係していることが多いです。
日本人は体重に占める頭の重さの割合が大きいので、首に負担がかかりやすいとされています。

また、近年では、パソコンを使った仕事が多くなっているので、
姿勢に無理があり、肩がこり、首に痛みが起き、頭痛につながるということもあります。

長時間パソコンをするとどうしても頭の重心が悪い位置にいくので、
首や肩に負担がかかるのです。

さらに、年齢を重ねることで、首の骨が弱まり、痛みが慢性化しやすくなります。
首の骨(頚椎)が弱くなると、首だけではなく、肩、手、足にまで、
被害が起きることがあります。

そうなってしまっては治療するのに時間がかかり大変です。
できるだけ早めに対策しておきましょう。

 

首の痛みの解消法

 

パソコンやデスクワークを長時間していると、
首、肩の筋肉が疲れて血行不良が起きます。
それが痛みへと変わってくるのです。

こうした首の痛みを解消する手軽な方法には

  • 姿勢を正す
  • 軽い運動
  • 入浴

などがあります。

スポンサードリンク

 

姿勢を正す

 

パソコンを使う時に背中を丸めて、顔を前に突き出すような姿勢はとっていませんか?
この姿勢は頚椎に負担がかかる姿勢です。
さらに、長時間続けると血液の流れを悪くします。

なので、この姿勢はやめて、
背筋を伸ばして、アゴを引くようにします。
この時、背中をいすにくっつけることを意識してください。

これだけで頚椎への負担が軽くなります。
また、長時間同じ姿勢はできるだけ避けたほうがいいので、
1時間に1回は休憩をとるようにしましょう。

 

軽い運動

 

軽い運動は血流を良くすることからもおすすめです。

  1. 首をゆっくりとまわします。
  2. 前後左右にゆっくりと首を傾けます。
  3. 肩を前後左右にゆっくりとまわします。

これらをそれぞれ1分ぐらいかけてやります。
それだけでも効果はあります。
短期的にすぐ効果が出ることはないかもしれませんが、続けるうちに効果が実感できます。

これだと職場でもできることなのでおすすめです。

また、職場ですぐにはできませんが、
ウォーキングやジョギングもおすすめです。
これは足を鍛えるイメージがあるかもしれませんが、全身に効果のある運動です。

健康な体を作るためにも試してみてください。

 

入浴

 

最後に入浴です。

よく、湯船に入るのが3分とかの人がいますが、
首や肩に痛みがある人こそもっとゆっくりと時間をかけて入るようにしてください。
大体10分~20分は入ることをおすすめします。

厚い日であってもシャワーだけで済ませるのではなく、
湯船につかって体を温めるようにしてください。

こうした日々の積み重ねが痛みのない健康な体を作ります。
辛い痛みを改善したいなら今日から毎日行いましょう!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ