子供の日は何食べる?食べ物に意味があるの?

こどもの日といったら何を思い浮かべますか?
鯉のぼり、兜、いや、プレゼントにかかるお金だ(笑)、
などいろいろとあると思います。

スポンサードリンク

PAK86_boruasobiyoujyo20140113500

 

こどもの日ってみんな何を食べるの?

 

こどもの日といったら先ほども言ったようなもの、
他にも遊ぶことなどを考えることが多いですが、食べ物のことは考えていますか?

基本的には普段通りの食事という家庭も多いと思います。
ですが、ちまきや柏餅といった食べ物がやはりこどもの日ってかんじがしますよね。

スポンサードリンク

 

なんでちまきや柏餅を食べるの?

 

ちまきと柏餅は関西と関東で食べるものなのです。
関西はちまき、関東は柏餅です。

じゃあ、関西は柏餅は食べたらダメなの?
というと、全然そんなことはありません。
好きなものを食べて問題ないすし、それが一番です^^;

そもそもなぜこれらを食べるのかというと、それぞれに理由があります。

 

柏餅

 

柏餅は新しい芽が出るまで古い葉が落ちないという特徴があります。
このことから、「家系が途絶えない」、「子供が生まれるまで親は死なない」
という「子孫繁栄」の意味があるのです。

 

ちまき

 

ちまきは古代中国から伝えられたもので、これには無病息災を願う意味があります。

このように食べ物にはそれぞれちゃんとした意味があったのです。

毎日同じものを食べてて飽きたな~って思う人は、
普段食べないものを少しプラスするといいかもしれませんよ!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ