あれ、見つからない!探しものを効率よく探す方法とは?

「あれ?ない、ない、ない!〇〇がない!」
「どこいったんだ!たしかここにあったはずなのに!」

スポンサードリンク

探しものが見つからない時ほどあせることはありません。
うわ~と頭を抱えたくなります(笑)

OZP86_kuso-yarareta500

 

効率よく探すためには

 

書類、貰い物、小さなアクセサリー、鍵、・・・など、
いざ使うという時になくなるともう大変です。
探しても探しても見つからない時があります。

見つからないから諦めたら次の日ぐらいに偶然見つかったりします。
私も何度もあるのですが、これは何なんでしょうかね~。

そうゆう困った時には効率よく探すことが重要です。
そのためには、

  • 最初に探した場所をもう一度探す
  • 最初に探した場所の周辺を探す

ということが効率よく探すために必要なことです。

 

最初に探した場所をもう一度探す

 

探しても見つからないものは大抵の場合、
「最初に探した場所」にあることが多いです。

最初に探した場所というのは、
「あれ、たぶんあそこにあるんじゃないかな?」
と考えて探した場所です。

スポンサードリンク

そういった記憶があるということはそこにある可能性が高いのです。
もう一度、念入りに探してみましょう。

 

最初に探した場所の周辺を探す

 

最初に探した場所になかった場合はその周辺を探します。
周りに隙間はありませんか?

机の下、タンスの裏、などわずかな隙間にあることが多いです。
隙間に落として、後で掃除をしている時に発見するということはよくあることです。

そうしたことからも隙間を探すことは早く発見するためには必要なことです。

 

ダメだ。見つからない。

 

ここまで探しても見つからないこともあります。
その場合は家にはもうないかもしれません。

ゴミの日に間違って捨ててしまった。
外に落としてきた。
などの可能性もあります。

こうなってしまってはもうどうしようもありません。
高価なものでない限りは諦めるしかないでしょう。

それでも諦めることができないなら警察に落し物届けをしましょう。

探しものの探し方について見てきました。
朝出かける前など、時間がない時に見つからないのが一番焦りますよね!
その気持はよくわかります。

探しものは、
「あそこが一番可能性がある。」
と思う場所から探すようにしましょう。

あれもこれもと闇雲に探すよりも、スピートと効率が段違いです。
可能性がある場所を徹底的に探すことが効率よく探す方法です。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ