ストレスをためない人になるためのコツ

現代では日々誰もが少なからずストレスを抱えて生活しています。

スポンサードリンク

その一方で、ストレスとは無縁の人もいます。
このような人はホントにストレスがないのでしょうか?
それとも、ただ我慢しているだけなのでしょうか?

N752_grandksyuuhen500

 

ストレスをためないコツ

 

ストレスをためないためにはやはりコツがあります。
仕事、考え方、など状況別に見ていきます。

 

仕事編

 

まず仕事でのストレスをためない方法です。
そのためには、

  • 目的を勝手に作る
  • 人間関係を割り切る
  • うまく力を抜く
  • 欲張らない

などがあります。

[illust illst=”nayami-m1-l” align=”right” width=”210″]

 

目的を勝手に作る

 

「なんでこんなことしてるんだろう?」
仕事中にこう思ったことがある人も多いはずです。

そんな時は本来の目的とはずれてもいいので、
自分なりの目的を勝手に作るのです。
目的をすり替えるとも言えます。

”あの作業につなげるために今この作業をしている”
という状況なのに、自分の中では、

”早く昼ごはんを食べるためにこの作業をしている”
と変えてしまうのです。

その際には、もちろん、そのことは他の人に言ってはいけませんよ。
言ってもおそらく理解されませんから(笑)

 

人間関係を割り切る

 

人間関係はストレスに大きく関係するものです。
会う人それぞれに全力で対応することは難しいものです。
それぞれの人に合わせてキャラ変更をしながら接することも効果的な方法です。

 

うまく力を抜く

 

真面目な性格の人は、何事にも全力で取り組むものです。
あまりにも真剣に考え過ぎたりと、精神的に疲れてしまいます。

力を抜くところを見極めて、おもいっきり力を抜いてください。
変な疲れがなくなります。

それから力を入れるところは全力を出してください。
以前よりも力を発揮できることでしょう。

 

欲張らない

 

「あれも、これも、それも」といつも考えていませんか?
忙しい毎日ならやらなくてはいけないことが多いので、ついこう考えがちになります。

ですが、これがストレスの原因となります。
まずは落ち着いて、優先順位を決め、
その都度、最優先事項だけに集中しましょう。

これだけでもストレスは少なくなります。

 

考え方編

 

次に考え方です。
ストレスに強い人というのはやはり考え方にもコツがあります。

これは特別強い考え方が必要というわけでもないので、
リラックスして見てください^^;
考え方のコツとして9つポイントを挙げました。

スポンサードリンク
  • なんでもゆるく考える
  • 常にマイペース
  • そううまくいかないと考える
  • 「まあ、しょうがないね」
  • 「あの人も大変だな~」
  • 「あぁ、そうだったんだ!」
  • ストレスを自覚する
  • 周りの人に頼る
  • 地球規模で考える

などがあります。
それぞれ見ていきましょう。

[illust illst=”point-w3-l” align=”right” width=”210″]

 

なんでもゆるく考える

 

これはストレスをためない究極形かもしれません(笑)

「まあいいんじゃない」
ってかんじでなんにでも接することです。

 

常にマイペース

 

人と競争しないことです。

ただ、競争しないというと、
「あいつはやる気がない奴だ!」
と考える人もいます。

なので、もっと言うと、「人に振り回されない」ということです。
惑わされない、翻弄されないということです。

 

そううまくいかないと考える

 

人生なんでもそうはうまくいきません(笑)
他人にも自分にもそこまでを望まないことです。

これは決してすべてを諦めているわけではありません。
コントロールできることと、できないことをわけて考えるということです。

 

「まあ、しょうがないね」

 

何かにおいて失敗した時、この言葉が使うことです。
自分や他人のせいなのではなく、運やタイミングなどの問題があるということです。

 

「あの人も大変だな~」

 

あまり大きな声では言えませんが、人にストレスを感じた時は
相手を若干上から目線で見ましょう(笑)
言葉で責めるのではなく、上から見てください。

その際には、言葉に出して見下してはいけませんよ。
揉め事の原因になってしまいます。

 

「あぁ、そうだったんだ!」

 

困難に直面した時、すべてのことが経験になると考えることです。
そのことを確認することで自分はさらに成長できます。

こう考えることでストレスも減ります。

 

ストレスを自覚する

 

今あなたは何に悩んでいますか?

自分が何に悩んでいるかを知ることは、さらなるストレスの増加を防ぐことができます。
悩みを紙に書き出してみてください。
紙に書いて整理することで対策も見えてきます。

 

周りの人に頼る

 

何かに困ったら周りの人に相談してみてください。
誰もが悩みを抱えます。誰もが人に相談したいものです。
あなたが相談すれば相手も相談したくなるかもしれません。

人と悩みを共有することでストレスの負担を減らすこともできます。

 

地球規模で考える

 

これは視点を広げるということです。

科学や宇宙、世界遺産でもいいです。
直接見るだけではなく、本や映像でも問題ありません。

そうした地球の広さを目にすれば小さな悩みも気にならなくなります。

 

現代では日々様々なストレスがあることだと思います。
ストレスに対応する方法は身につけていおいて損はありません。
健康な生活をするためにも参考にしてみくてくださいね(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ