なぜか毒舌なのに嫌われない人。どんな特徴があるのか?

「コノヤロー!〇〇じゃねぇか!」

スポンサードリンク

とかキツイことを言うけどなぜか全然嫌われない人っていますよね。
特に芸能人とかがそうです。

芸能界だけではなく、一般社会でもなぜか嫌われない人はいます。
どんな特徴があるのでしょうか?

OZPA_hi-rudehumarerudansei500

 

嫌われない人の特徴

 

嫌われない人にはやはりコツというか特徴というかがあります。

  • ただ悪口を言ってるわけではない
  • ユーモアを含んでいる
  • なんとなく憎めない
  • 自分の立ち位置を理解している
  • 陰湿ではない
  • センス抜群

などが特徴的です。
それぞれ見ていきましょう。

 

ただ悪口を言ってるわけではない

 

毒舌と言うとなんとなく悪口ばかり言っているイメージがあります。
ですが、そんなことはありません。

「悪意を持っているか」
これがただの悪口と愛のある毒舌の分かれ道になるところです。
悪意を持たない毒舌が嫌われない毒舌でもあります。

スポンサードリンク

 

ユーモアを含んでいる

 

なんとなく憎まれ口を叩く人はユーモアを含んでいることが多いです。
無理矢理笑わせるのとは違います。
自然に笑うことができるので、やはり好印象になります。

 

なんとなく憎めない

 

冷静に重箱の隅をつつくような毒舌は笑いが起きることもなく嫌われます。
そうではなく、笑いながら言ったりすることが愛嬌があり、
憎めない人とされるのです。

 

自分の立ち位置を理解している

 

相手を攻撃した時に、
「あなたにそんなことは言われたくない!」
これだと実際のケンカみたいになってしまいます。
(実際のケンカのようになって笑いがとれるのはプロのお笑い芸人ぐらいです。)

こうならないように、最初から自分は相手よりも下にいるということを伝えておけば、
ケンカにはならずに笑いになります。

 

陰湿ではない

 

毒を聞かされている周りの人に不快な思いをさせないためには明るさは必要です。
陰湿で深刻な毒舌はただの悪口と判断され嫌われます。

 

センス抜群

 

的確にポイントをついているかということです。
言葉の使い方、話のつなげ方などがセンスある毒舌には必要なことです。

感情、勢いだけで言っても嫌われます。
人が共感、納得するような毒舌は嫌われないで、むしろ好感を得ることができます。

 

人間関係でストレスをためずにうまくやるためには、
この毒舌の技術は難しいけどマスターしたいところですね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ