新生活が始まった人は五月病に注意!対策と予防方法を知っておかないと・・・

卒業して地元を離れて一人暮らしが始まった人、就職して新入社員となった人、
転職や転勤などで新しい環境で新生活が始まった人、
これらの人は新生活が始まりやっと落ち着いてきたと思うかもしれませんが、
その落ち着いてきたところが要注意です。

スポンサードリンク

meditation-by-the-lake-557212997535289R7

 

五月病とは?

 

新生活が始まった人は五月病に注意が必要です。

五月病とは新生活に適応するために頑張ることで、
知らず知らずにストレスを抱え肉体的・精神的に疲労を感じ、
無気力な状態になることを言います。

五月病は学生特有の病気のように捉えられていました、
そんなことはなく、社会人でもかかる病気なのです。

医学的な正式名称はなく、正式な病気とは認知されていません。
時期的なことからこのような名称になっているようです。

 

五月病の症状となりやすい人

 

五月病には身体的にも精神的にもそれぞれ症状があります。

身体的な症状

だるい、めまいがする、食欲低下、不眠、動悸などがあります。

精神的な症状

気力がない、集中力がない、やる気がない、落ち込む、イライラするなどがあります。

これらの症状がすべてが出るわけではありません。
また、五月病はまじめな性格の人がなりやすいとされています。

新しい環境というものは知らないうちにストレスがかかるものです。
なんとなく気分が優れない時はストレス発散をするようにしましょう。
五月病が深刻化するとうつ病になる恐れがあります。

 

五月病の原因

 

五月病の原因は簡単に説明するとストレスが原因です。
新しい環境にうまく適応しようとするとストレスがかかるものです。

そうしたストレスが様々な病気を引き起こすことにつながるということです。
ストレスはうつ病、過呼吸、胃潰瘍、などの病気の原因にもなります。

スポンサードリンク

ストレスにも多くの種類があります。
特に人間関係のストレスが多くの人が抱えるストレスです。

環境が変わったらどんなことにストレスを感じるかは人によって様々です。
自分が抱えやすいストレスについて確認しておきましょう。

 

五月病の対策と予防方法

 

五月病にならないように対策と予防方法を覚えておきましょう。

  • ストレス解消
  • 人と話す
  • 完璧主義にならない
  • 食事をきちんととる

これらは五月病の予防方法となります。

 

ストレス解消

 

ストレスは五月病の原因となるものなので、なるべくためないようにしましょう。
もし、ストレスがたまっていると感じたらすぐに解消するようにしましょう。

自分の好きなスポーツをする、趣味に没頭する、好きなテレビ番組を見る、など、
なんでも大丈夫です。

また、軽い有酸素運動(ジョギング)はおすすめです。
有酸素運動はセロトニンという精神を安定させるホルモンが分泌されます。
これが増えることでストレスに強くなります。

心身を安定させるためにもジョギングは効果的です。

 

人と話す

 

人と話すことは自分1人で抱え込まないようにするために大切なことです。
不安な気持ちは誰もがあるものです。
1人で悩まないで友人や家族に話しましょう。

 

完璧主義にならない

 

まじめな人こそ完璧主義になりがちです。
何でも完璧にこなそうと自分を追い込んでしまう傾向があります。

大体のことは失敗しても死ぬものではありません。
大丈夫です。テキトーにやって気楽にいきましょう(笑)

 

食事をきちんととる

 

五月病には環境のストレスだけではなく、食事による栄養も関係していることがあります。
ファーストフードなどで栄養が偏ることは体調を崩すことにつながります。
これによって五月病の症状を引き起こすこともあります。

栄養バランスに気を配ることは必要です。
主食、主菜、副菜のバランスは気をつけましょう。
米・パン、肉・魚、野菜、などバランスよく食べるようにしましょう。

 

環境が変わることは最初は大変なことが多いです。
五月病になったとかんじたらここまで挙げた対策をしてみてください。

それでもどうしても症状が改善しない時は、
心療内科、神経外科などで専門の医師に診てもらうようことをおすすめします。

五月病にならないためにも日頃からストレスには注意しましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ