五月晴れとは?読み方によって使い方が違う?

「いや~今日は五月晴れだなぁ!」
なんて言うことはありますか?

スポンサードリンク

あまり普段使わないかもしれません。
もしあるとしたらそれは厳密には正しくない可能性もあります。

それがたとえ5月に言ったとしてもです。

5426912403_fc7b6ee067_z

 

五月晴れの意味・読み方

 

「五月晴れ」とはそもそも何と読むのでしょうか?
これは「さつきばれ」、「ごがつばれ」と読みます。

読み方それぞれに異なる意味があります。

 

さつきばれ

 

「さつきばれ」には梅雨の晴れ間という意味があります。
旧暦の5月、新暦にすると6月のことで、
この時期を表す言葉なのです。

冒頭のように、
「いや~今日は五月晴れだなぁ!」と6月にいう場合は、
「さつきばれ」になるということですね。

スポンサードリンク

梅雨の時期の晴れ間を表し、6月に使う言葉が「さつきばれ」になります。

 

ごがつばれ

 

「ごがつばれ」と読む場合は新暦の5月の晴れを表す言葉になります。

冒頭のように、
「いや~今日は五月晴れだなぁ!」と5月にいう場合は、
「ごがつばれ」になるということですね。

人間が使う言葉は常に進化しているので、
また違う意味になる可能性もあるかもしれませんね。

 

五月晴れと似たような言葉

 

五月晴れには梅雨の晴れ間という意味があると言いましたが、
それと似たような言葉に「梅雨晴れ」があります。

これはそのままの意味で、
「梅雨の時期の一時的な晴天」を表します。

こちらのほうがわかりやすいので安心して使える言葉ですね!
間違って恥をかく心配もなさそうです(笑)

 

安心して使うためには?

 

「今日は快晴ですね。」
「気持ちのいい天気で何よりです。」

こうした言葉を使うほうが間違いもなく、
意味も伝わりやすいので安心できます。

どうしても「五月晴れ」という言葉を使う時には、
上記の点に気をつけて使うようにすると恥をかく心配はありません。

それにしても日本語は難しいですね~^^;

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ