くるぶしの内側・外側の痛みの原因は?病気も関係ある?

足首の両側にあるくるぶし。
漢字では、あまり日常では
お目にかかりませんが、「踝」と書きます。

スポンサードリンク

両足首の上に、内側と外側の両側にぽっこりと突起している骨の部分を指し、
内くるぶしは、内果(ないか)とも呼ばれます、外くるぶしは、
外果(がいか)ともよばれます。

くるぶしは体を支えてくれている大切な部分ですが、
普通に日常生活を送っているだけで、
ある日突然痛みに襲われることもあるのです。

スポーツなどもしていないし、これといって
思い当たる原因もないのに、なぜ??

a1180_001518_m

 

突然くるぶしが痛くなった!

 

くるぶし周辺の腫れや痛みは、
筋力の衰えや無理な力が体にかかったせいで、
体のバランスが崩れたことが原因になることもあります。

その他にも、いろんな病気が引き金になっていることも多いとされています。

くるぶしに、普段と違った痛みや腫れを感じたら、
とりあえずは、足をなるべく使わずに、安静にしましょう。
病気やケガの可能性があります。

 

くるぶしの痛みに隠れている病気、ケガ

 

代表的なところでは、捻挫、骨折、関節異常などがあげられます。

くるぶしでも、内側に症状が出るか、外側に症状が出るかで、
病気の予測がつきやすくなります。

スポンサードリンク

内側、外側、両方のくるぶしに、痛みがでることがありますが、
どちらにでるケースが多いかで、分けてみました。

 

外側のくるぶしの痛み

 

外側のくるぶしが痛む場合は次のようなことが考えられます。

捻挫・・・外側のくるぶし周辺に痛みが出ることが多い。
靭帯が損傷をした状態。

骨折・・・外側のくるぶし周辺に起こる、腓骨(ひこつ)骨折
は、捻挫と間違われやすいですが、痛みや腫れも酷くなります。

 

内側のくるぶしの痛み

 

関節異常・・・足関節の軟骨がこすれ合うことで、腫れや痛みを
生じる変形性足関節症は、内側の足首が痛くなります。

内くるぶしや足裏に痛みが出る、後脛骨筋腱機能不全症は、
内くるぶしの腫れが初期症状としてでます。

くるぶしの後ろにある、足根管の圧力が高くなるために起こる
足根管症候群は、内くるぶしの下に痛みがあったり、足の裏側に
しびれがおきます。

 

病気の可能性もある?

 

くるぶしの痛みというのは実は病気の可能性もあるのです。
その病気とは高尿酸血症という病気です。

これは血中の尿酸濃度が高くなるために起きる病気です。
この合併症として、足首や、くるぶし周辺に、
強い痛みが起こる場合があります。

 

足の構造は案外複雑で、病気もケガも、本当にいろんな種類が
あるんだと、調べてみて、ビックリしました!

捻挫なども、無理をするとまた別の恐い病気になったり、
足首の痛みには、神経症や、リウマチなども関係していることもあります。

痛みを感じたら、無理はせず安静にして、様子をみることが一番です。

足は生活の中で、使わなくては何もできない箇所ですが、
壊してしまうとそれこそ大変なことになりますので、
大事にしたいですね。

足首の捻挫の痛みの症状と対処法についてはこちら

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ