ダニに刺された時の症状は?ダニの種類とその対策方法

突然ですけど、ダニって見たことあります?
おそらく肉眼で見たことあるという人はいないのではないでしょうか?

スポンサードリンク

ダニは、大きさがわずか0.1~0.7ミリということで、
人間の肉眼では、姿が見えないことがほとんどです。

でも、生活の中に確かに存在しているダニ。
じゅうたんや畳、布団、まくら、毛布、ぬいぐるみ、ソファー、ペットは、
ダニが生息しやすい環境とされています。

刺したりするダニもいますし、刺さないダニでも、
アレルギーの原因になったりしますので、部屋を乾燥させて、
清潔にし、ダニが生息しにくい環境づくりを、
心がけないといけないですね。

a0006_002421_m

 

ダニに刺されたかもしれない?

 

ダニに刺されると、激しい痒みや痛み、腫れなどの症状があります。
数時間たって跡が無くなる場合は、
ダニではなく、蚊や他の害虫を疑います。

1週間以上、痒みや跡が残っていればダニである可能性が高いです。

また、刺された後が二箇所ある場合(ダニは二回刺すようです)
もダニの可能性が高いです。

 

ダニの種類

 

家に生息している主なダニの種類です。
特徴を確認しておきましょう。

 

ツメダニ

 

刺すダニ。人間の体液を吸う。

コンクリ-ト造りや、密閉度の高い家や、湿気を好む。
家の中のチリダニ、ヒョウダニ等を捕まえて、体液を吸う。

刺されてから数時間~2日後に遅れてかゆくなる。

皮膚炎等のアレルギー疾患を起こすことがあるので、
症状がひどくなるようだったら、皮膚科へ行くことをおすすめします。

スポンサードリンク

 

イエダニ

 

ネズミなどの動物に寄生する吸血性のダニ。

体長0.7mm。
ネズミが死んだ時などに、
一時的に人間に寄生して吸血し、刺されるとすぐにかゆくなる。

人間には寄生できない。
ネズミの駆除や、ネズミの死骸の撤去が必要。

 

ヒョウダニ

 

家の中の不潔な場所、ほこりのたまった場所などに生息していて人を刺さない。
ほこりや、人間の髪の毛、皮脂、フケなどを餌にしている。

ヒョウヒダニがいると、それを餌にするツメダニが増えるので、
これに人が刺されることになる。
死骸や糞が、アレルギーの原因になることがある。

 

ダニ対策!駆除方法

 

やはり、こまめな掃除を心がけることです。

髪の毛、フケ、綿ぼこりなどは、こまめに掃除をします。
ほうきなどで撒き散らすのではなく、
掃除機で吸い取ったり、粘着テープなどで取る事。

清潔にしていれば、餌がないため、ダニが増えるのを阻止してくれます。

ペットを飼っている場合は、部屋の掃除はもちろん、
ペット自身にダニがついていないか、駆除しなくてはいけません。

また、布団を干すと、ダニが死ぬというのは、
どうやら本当ではない話です。

ダニは、6-70度の熱で死滅する
ということで、アイロンや、ドライヤーを当てたりすることで、
死滅させることができるようです。

また、部屋の換気をすることも大切です。
湿度が60%以下になるとダニが死ぬ確率が高まりますので、
除湿もしっかりとすることが大事です。

 

ダニ駆除グッズ

 

ダニの駆除に効果を表す、ダニ駆除グッズがたくさん出ています。

アースなどの殺虫剤もありますし、
ダニ捕獲シート、ダニよけシート、除菌掃除機、ふとん乾燥機、
布団用掃除機、ダニよけスプレー・・・などなど。

アレルギーにならないために、今直接のダニ被害がでていなくても、
普段から対策しておきましょう。

ファブリーズはダニを退治するのに効果があるの?はこちら

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ