風邪は治ったのに咳が止まらない!そんな時は要注意!

風邪をひいて、症状はよくなったものの、
咳だけが長引いて、止まる気配がない・・・。

スポンサードリンク

咳だけが一ヶ月以上も続く場合は単に風邪が長引いているだけではなく、
「咳喘息」にかかっているかもしれません。

咳喘息は、あまり聞いたことのない病名かもしれませんが、
気管支の病気のひとつで、放っておくと、30%という高い確率で、
喘息に移行してしまうことがあります。

PAK24_kazehiitakamoshirenai1343500

 

咳喘息は、どんな症状?

 

気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり温度差や運動など、
ちょっとした刺激に対して気道が過敏になって、
咳の発作が起こりやすくなります。

咳喘息の咳は、コンコンという、乾いた咳が続きます。

まだ喘息のような、ヒューヒューゼイゼイという喘鳴(ぜんめい)は発症しません。
喘鳴(ぜんめい)は、炎症により気管支が狭くなったために出るので、
咳喘息から喘息に移行すると、こういった症状が出てきます。

たんを伴わない、短い空咳が断続的に出て、いったん止み、
また少したつと、咳が出て・・・を繰り返します。
空咳とはいえずっと続くと、つらいものです。

スポンサードリンク

喘息の咳は、喘鳴と呼吸困難を伴い痰も出て苦しい咳になります。

また、咳が止まらない原因にはアレルギーの可能性もあります。

ほこり、ハウスダスト、ダニ、ペット、カビなどから、
アレルギーが起きている場合もあります。
心当たりがあれば、原因を排除しないと症状は改善しません。

 

咳喘息の治療と予防

 

咳喘息の治療は、気管支の炎症を抑えるため、
「吸入ステロイド薬」が使われます。
喘息への移行を予防するためにも、効果的な薬のようです。

咳喘息の予防としては、

・季節の変わり目には、適度な温度調節をして、
風邪やインフルエンザにかからないよう注意すること。

・アレルギーになりそうな原因を排除しましょう。
(部屋をきれいに保つことや、アレルギーを引き起こす食事にも気をつけましょう。)

・たばこを吸うのを控える。
たばこを吸う人の吐いた煙を吸い込むことも良くありませんので、
たばこのそばには行かないことです。

・お酒を飲みすぎない。
アルコールを飲むと、アセトアルデヒドという物質の血中濃度が上昇して、
気管支を刺激し喘息の原因になります。
喘息もちの人がお酒を飲むのも良くはありません。

・ストレスも気道を過敏にさせる原因のひとつとなります。
体の抵抗力を衰えさせないように、日頃の生活が健康的になるよう見直しも必要です。

予防するためには以上のようなことが必要です。
咳が止まらない場合は試してみてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ