風邪の時にお風呂に入ると悪化するというのは本当?

昔は、「風邪をひいた時は、お風呂にはいらないほうがいい。」
というのが定説でしたがここ最近では、

「風邪をひいてる時は、むしろお風呂に入ったほうがいい。」
という逆説もでております。

一体、どっちなのでしょうか??

スポンサードリンク

TAN_hikarigasasikomusenntounoaraiba500

 

昔の定説では

 

昔と今で、意見が違ってくるのには、昔のお風呂の構造や、
場所にも関係しているようです。

昔のお風呂は、銭湯であったり家の外にあったため、
お風呂に入る前後、気温が低い日などは寒い思いをしなくては、
お風呂に入れないという背景がありました。

特に、銭湯でお風呂に入った後、寒い外を歩いて家につくまでに、
体が余計に冷えて風邪がひどくなってしまう・・・ということが、
あったことから、

「風邪のときは、お風呂にはいらないほうがいい。」

という定説ができたようです。

 

現代のお風呂

 

現在では、室内にお風呂があります。

スポンサードリンク

家の構造によって温度差は異なるとは思いますが、
脱衣所を暖めておくなどの工夫をすることによって、
急に体が冷えて湯冷めをすることは少なくなります。

また、お風呂の温度なども、銭湯ではかなり熱めに温度が設定されていて、
そこから急激に冷えることで体への負担が多くありましたが、
家のお風呂では自分の体調に合わせて温度調整もできます。

適温にゆっくり浸かることで血行が良くなったり、
新陳代謝が良くなったり、清潔になることで、
風邪の治りが早くなることが期待できます。

また、風邪の菌は熱に弱いことから、熱の出る前など、
風邪のひき始めだったらお風呂に入ることを勧めるお医者さんも多いようです。
菌を殺すには38度ぐらいの温度がいいということです。

風邪で咳が出る時などにも喉をお風呂の蒸気で、
加湿することができて楽になります。

 

入浴を避けたほうがいいケース

 

とはいえ、高熱があったり、起き上がったりするのがつらい、
他に特別な症状がある場合等、体力がない時には、
入浴は体力を消耗しますのでやめたほうがいいようです。

そういう時は、お湯で絞ったタオルで体を拭く、
(もちろんお部屋を温めてから)
などが良いようです。

お風呂に入ったら、忘れずに水分をたくさん取りましょう。

汗が出たり熱が出ている時は、スポーツドリンクなど、
体への吸収性が高い飲み物がお勧めです。

一度にたくさん飲めない場合は、こまめにとるように心がけるといいです。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ