サービス残業って当たり前なの?どう対策すればいいの?

「サービス残業」とは、雇用者が企業で定められた時間数を超えた、
残業をした場合でも、残業分の賃金を払ってもらえないことです。
サービスで、残業しちゃっている・・・ということですね。

スポンサードリンク

GREEN_YO20140125500

 

法で定められた労働時間

 

法律では超過勤務は強制できませんし、労働基準法では、
1日8時間、1週40時間をという労働時間を定めております。

この時間を超えての残業や、休日出勤などに労働をした場合は、
割増賃金を支払うことが決められています。

ですが、それが守られていない企業、残業するのが、
なんとなく当たり前の風潮になっている会社など、
サービス残業をしないと何となく居心地が悪いという会社も多くあります。

それが、企業側の指示の場合もありますし、社員が率先して、
やってしまっている場合もあります。後者のほうは、
誰の責任ということが言えないため、困ったケースです。

サービス残業をする心理は様々で、
「残業をしていると、会社での評価が上がるから」などという、
アピールもあります。

また、
「仕事が終わらないから仕方なく」
という理由の人もいるでしょう。

不本意であっても、「上司がやっているから、仕方なく。」という、
つきあい残業のような人も、多いのではないかと思います。

現実的には、サービス残業をしている会社が、大多数ではないかと、
言われています。

スポンサードリンク

ただしどんな理由であっても、サービス残業は労働基準法によれば、
「違法」となりますし、社員が、労働組合などを通じて、
支払い請求を行えば、会社は払う義務が生じます。

仕事で、休みがないという方は、一度サービス残業について、
みなおしてみてはどうでしょうか。

また、サービス残業代を、
支払ってもらうための、情報や、書籍などもありますので、
調べてみてもいいかもしれません。

 

サービス残業が起こらない工夫

 

企業側としては、
訴えられると払わなくてはならなくなってしまうサービス残業代。

サービス残業の支払いで、あわや倒産??
なんていうことにならないためにも、自社の社員が、
残業しがちな場合は、企業側も、残業にならないための、
規則の見直しなどが必要です。

タイムカードの徹底や、残業代についての細かい明記を、
会社と社員が執り行うなど、対策が必要です。

今は社員の労働時間や、労働時間内のスケジュールなどを管理するソフトなども
ありますので、取り入れている会社も多くあります。

企業で給料を貰って働いている側としては、
できるだけ給料のでない残業はしたくはないのが本音です。

けど、みんな残業をしているのに1人だけ残業をしていないというのは、
やはり気まずいものです。

空気感というものはとても大事なものです。
そのため、なんとなく残業がしにくい空気になれば、
みんな残業をしないで帰ることができます。

この空気をいかにうまく作ることができるかがカギとなります。
でも、大抵の場合は上司の命令が絶対なので、
上司が残業をしないような空気を作るかにかかってきます。

となると、現実は残業をしないというのはなかなか難しい問題ですね(T_T)

雇用者も被雇用者も、ストレスなく働ける環境が理想ですが、
現実は、なかなか難しいですね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ