疲労回復のためにダイエット中でも大丈夫な食事

ダイエットをしていて、

「最近、疲れが取れない」

とかんじたらそれは、ダイエットのため食事制限をしているせいで、
栄養が体にいきわたってないのかもしれません。

スポンサードリンク

単純に食べ物をガマンするだけの偏ったダイエットをすると、
痩せるだけでなく健康も損ねてしまうことになります。

体を壊してしまうと結局ダイエットも成功せず残念な結果になります。

健康的に正しく痩せるためには疲労をためないように、
疲労をうまく回復しながら、ダイエットを続けることをお勧めします。

AMI88_konobamukuhenoisisugi1264500

 

疲労回復にいい食べ物

 

疲労回復に効くといえば、ご存知「クエン酸」があげられます。
クエン酸は、お酢、柑橘類、梅などに含まれます。

積極的に採り入れたいものですがクエン酸ばかりに頼っても、
ダイエットは成功しません。

ダイエットといえば、野菜でビタミン補給と思うかもしれませんが、
野菜やクエン酸だけでは、元気が作られません。
元気を作るには、たんぱく質や、炭水化物が必要になります。

スポンサードリンク

一見、たんぱく質や、炭水化物は、ダイエットの敵のように思われますが、
たんぱく質と炭水化物の摂取が少ないと筋力が衰え、
体がどんどん弱くなってしまいかねません。

たんぱく質の中でも、脂肪がすくない鳥のささみは、
体力が必要なアスリートも好んで食べる食材のひとつです。

他にも、魚、甲殻類、貝類などにも、たんぱく質は多くふくまれます。
また、卵も元気の元になりますので、うまく食事に取り入れましょう。

 

疲労回復にカフェインは?

 

カフェインを摂取すると、体や頭がシャキンとして、
元気が出たような気がしますが、カフェインの効果は一時的なもので、
疲労回復を、根底からしているわけではありません。

疲れは残ったままになります。
ここ一発の時に使うのは、有効です。

疲労がたまった体のままでいると、健康を損ねることはもちろん、
なんと、老化にも繋がっていくという、恐ろしいデータもあります。

朝起きるのがつらい、やる気が出ないというのは、
体が疲労のサインを送っています。

また、ストレスも疲労の原因になります。

ダイエット中だからと、偏った食事をせず、
色々なものをバランスよく摂取したほうが、
良い結果が出てくると思います。

肉、卵、魚介、海藻類、豆類、乳製品、果物などを、
まんべんなく摂取するようにしましょう。

但し、食べる量は、お腹一杯たべるのではなく、
ちょっと加減して食べる、食べる時間帯を考えるなどで、
工夫することをお勧めいたします。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ